『獣道』HP

『豚らーめん 獣道』(元『中華そば BEAST』、『らーめん三獣使』)の公式ホームページです。 ほぼ毎日更新しています♪。

『豚らーめん 獣道(けものみち)』
2016年6月1日、リニューアル・オープン!。

〒177-0042
 東京都練馬区下石神井4-12-10
 西武新宿線「上井草駅」北口徒歩2分

Tel・03-6915-9130

営業時間
平日 11:30~14:00/18:00~25:00
土祝 11:30~15:00/18:00~24:00
   
定休日・日曜日、第1月曜日

”雨の日限定メニュー”終了しました。

7月25日(日)に予定していた”一日限定スープ”の「豚と鶏の 上品スープ」はエアコンの故障による臨時休業で延期していましたが、8月8日(日曜日)に販売します。
通常日曜の「豚と鶏の マイルドスープ」をベースに、”最上級”のカツオの厚削り(初使用!)をたっぷり使って、水曜日の「あっさりスープ」に近い濃度で仕上げる上品なスープです。
別に作って小鍋で合わせる魚介(煮干)出汁も、その日だけは”最も高価”な「焼きアゴ」の煮干(初使用!)だけをたっぷり使って作って合わせます。
「らーめん」の麺は本来の日曜の太麺ではなく、水曜と土曜の”鶏系スープ”に使っている中太麺に代わります。
スタンプ・カードのスタンプは日曜日のスープ扱いになります。
延期になって、ご迷惑おかけしてしまいましたが、宜しくお願いします。



「もやし」トッピング。

7月25日(日)に予定していた”一日限定スープ”の「豚と鶏の 上品スープ」はエアコンの故障による臨時休業で延期していましたが、8月8日(日曜日)に販売します。
通常日曜の「豚と鶏の マイルドスープ」をベースに、”最上級”のカツオの厚削り(初使用!)をたっぷり使って、水曜日の「あっさりスープ」に近い濃度で仕上げる上品なスープです。
別に作って小鍋で合わせる魚介(煮干)出汁も、その日だけは”最も高価”な「焼きアゴ」の煮干(初使用!)だけをたっぷり使って作って合わせます。
「らーめん」の麺は本来の日曜の太麺ではなく、水曜と土曜の”鶏系スープ”に使っている中太麺に代わります。
スタンプ・カードのスタンプは日曜日のスープ扱いになります。
延期になって、ご迷惑おかけしてしまいましたが、宜しくお願いします。



8月8日は、”一日限定”「豚と鶏の ”上品”スープ」です。

7月25日(日)に予定していた”一日限定スープ”の「豚と鶏の 上品スープ」はエアコンの故障による臨時休業で延期していましたが、8月8日(日曜日)に販売します。
通常日曜の「豚と鶏の マイルドスープ」をベースに、”最上級”のカツオの厚削り(初使用!)をたっぷり使って、水曜日の「あっさりスープ」に近い濃度で仕上げる上品なスープです。
別に作って小鍋で合わせる魚介(煮干)出汁も、その日だけは”最も高価”な「焼きアゴ」の煮干(初使用!)だけをたっぷり使って作って合わせます。
「らーめん」の麺は本来の日曜の太麺ではなく、水曜と土曜の”鶏系スープ”に使っている中太麺に代わります。
スタンプ・カードのスタンプは日曜日のスープ扱いになります。
延期になって、ご迷惑おかけしてしまいましたが、宜しくお願いします。



7月31日は、”一日限定”「濃厚ドロドロ鶏白湯スープ」です。

営業再開初日はの7月31日(土)は、6月にも販売した”一日限定スープ”「濃厚ドロドロ鶏白湯スープ」で営業します。
通常の土曜スープ「鶏の 白湯スープ」に使ってる鶏の胴ガラは入れずに、その分トロミ要素のモミジ(鶏の足)を増やし、水炊きスープなどでも使われてて、金曜の「豚の とろみスープ」にも入れているお米を入れます。
スープを炊く際、水ではなく、以前に大量に作って余らせて冷凍しておいた「鶏白湯スープ」を使います。既に完成してる鶏白湯スープで鶏白湯スープを炊いた濃厚スープです。
前回、麺は普段鶏系スープに使っている中太麺だったので、今回はちょっと変えて、木曜と日曜に使っている手もみ風の縮れた太麺を使用します。
宜しくお願いします。



「冷やし油そば」、販売開始。

6月26日(土)は、通常の土曜スープ「鶏の 白湯(パイタン)スープ」よりももっと濃厚な「超ドロドロ鶏白湯スープ」での営業になります。
麺や具は通常通りです。
以前も、「濃厚鶏白湯スープ」というのを2回程やっていますが、今回のも配合や作り方が違います。
先ず、丸鶏は入れますが、胴ガラは止めて、その分トロミ要素のモミジ(鶏の足)を思いっ切り増やします!。
そして、水炊きスープなどでも使われてて、実は金曜の「豚の とろみスープ」にも入れているお米(金曜は他にも秘密の物が入っています)を入れます。
そして、一昨日の土曜日にわざと大量に作っておいて余らせて冷凍してある「鶏白湯スープ」数十人分を、限定スープを煮る時に水の代わりに使います。既に完成してる鶏白湯スープで鶏白湯スープを炊きます。
いつもよりドロドロしてる「超ドロドロ鶏白湯スープ」を、宜しくお願いします。


6月26日は、”一日限定スープ”「超ドロドロ鶏白湯スープ」です。

6月26日(土)は、通常の土曜スープ「鶏の 白湯(パイタン)スープ」よりももっと濃厚な「超ドロドロ鶏白湯スープ」での営業になります。
麺や具は通常通りです。
以前も、「濃厚鶏白湯スープ」というのを2回程やっていますが、今回のも配合や作り方が違います。
先ず、丸鶏は入れますが、胴ガラは止めて、その分トロミ要素のモミジ(鶏の足)を思いっ切り増やします!。
そして、水炊きスープなどでも使われてて、実は金曜の「豚の とろみスープ」にも入れているお米(金曜は他にも秘密の物が入っています)を入れます。
そして、一昨日の土曜日にわざと大量に作っておいて余らせて冷凍してある「鶏白湯スープ」数十人分を、限定スープを煮る時に水の代わりに使います。既に完成してる鶏白湯スープで鶏白湯スープを炊きます。
いつもよりドロドロしてる「超ドロドロ鶏白湯スープ」を、宜しくお願いします。


「油そば」が、100円!。

雑誌「TOKYO1週間」最終号の企画で、うちの店では「油そば」を100円で販売します。
期間は、明日6月15日(火)から6月23日(水)の定休日(月)を除く8日間です。
「TOKYO1週間」最終号持参のお客様、各日先着2名様で、合計16名様に「油そば」を100円で販売します。
お一人様一回限りとさせていただきます。
券売機ではなく現金で承りますので、雑誌を見せながら100円をお出し下さい。
開催中のスタンプ・ラリーのスタンプは付きませんので、ご了承下さい。



「TOKYO1週間」最終号にも、掲載されました。

前回の号にも載せてもらいましたが、今回の最終号の「TOKYO1週間」にも、うちの店がまた掲載されています。
「100円ラーメン祭」という企画で、うちの店は「油そば」を期間限定で100円で販売します。



お得な『新源地』スタンプ・カード。

本日5月30日(日曜)は、”一日限定スープ”の「超濃厚とんこつスープ」での営業になります。
通常の日曜スープ「豚と鶏の マイルドスープ」はお休みで、火曜スープの「豚の こってりスープ」の超濃厚バージョンです。
豚頭骨、拳骨、背ガラ、豚足、豚皮・・・普段は、日替わりスープによって使い分けてる豚のガラ類を今回は全て使った”超豚づくしスープ”です!!!。更にチャーシューに使っている豚肩ロースも一本丸々投入しました。今回はガラ類の量がハンパじゃないです。
一つのスープを2つの寸胴を使って、どっちも最大火力で炊きました。
うちの店の日替わりスープの炊き込み時間は、平均6、6時間なのですが、このスープは10時間も炊きました!。下処理にも時間をかけたので、臭みは全くありません。
あと10分位で終了というところで、スープの状態が明らかに変わり、急にトロッとなりました。
「らーめん」の麺は火曜、金曜の豚系スープの日に使っている細麺です。




『新源地』スタンプ・ラリーのルール1

本日5月30日(日曜)は、”一日限定スープ”の「超濃厚とんこつスープ」での営業になります。
通常の日曜スープ「豚と鶏の マイルドスープ」はお休みで、火曜スープの「豚の こってりスープ」の超濃厚バージョンです。
豚頭骨、拳骨、背ガラ、豚足、豚皮・・・普段は、日替わりスープによって使い分けてる豚のガラ類を今回は全て使った”超豚づくしスープ”です!!!。更にチャーシューに使っている豚肩ロースも一本丸々投入しました。今回はガラ類の量がハンパじゃないです。
一つのスープを2つの寸胴を使って、どっちも最大火力で炊きました。
うちの店の日替わりスープの炊き込み時間は、平均6、6時間なのですが、このスープは10時間も炊きました!。下処理にも時間をかけたので、臭みは全くありません。
あと10分位で終了というところで、スープの状態が明らかに変わり、急にトロッとなりました。
「らーめん」の麺は火曜、金曜の豚系スープの日に使っている細麺です。




『新源地』スタンプ・ラリーの景品。

本日5月30日(日曜)は、”一日限定スープ”の「超濃厚とんこつスープ」での営業になります。
通常の日曜スープ「豚と鶏の マイルドスープ」はお休みで、火曜スープの「豚の こってりスープ」の超濃厚バージョンです。
豚頭骨、拳骨、背ガラ、豚足、豚皮・・・普段は、日替わりスープによって使い分けてる豚のガラ類を今回は全て使った”超豚づくしスープ”です!!!。更にチャーシューに使っている豚肩ロースも一本丸々投入しました。今回はガラ類の量がハンパじゃないです。
一つのスープを2つの寸胴を使って、どっちも最大火力で炊きました。
うちの店の日替わりスープの炊き込み時間は、平均6、6時間なのですが、このスープは10時間も炊きました!。下処理にも時間をかけたので、臭みは全くありません。
あと10分位で終了というところで、スープの状態が明らかに変わり、急にトロッとなりました。
「らーめん」の麺は火曜、金曜の豚系スープの日に使っている細麺です。




『新源地』スタンプ・カード。

本日5月30日(日曜)は、”一日限定スープ”の「超濃厚とんこつスープ」での営業になります。
通常の日曜スープ「豚と鶏の マイルドスープ」はお休みで、火曜スープの「豚の こってりスープ」の超濃厚バージョンです。
豚頭骨、拳骨、背ガラ、豚足、豚皮・・・普段は、日替わりスープによって使い分けてる豚のガラ類を今回は全て使った”超豚づくしスープ”です!!!。更にチャーシューに使っている豚肩ロースも一本丸々投入しました。今回はガラ類の量がハンパじゃないです。
一つのスープを2つの寸胴を使って、どっちも最大火力で炊きました。
うちの店の日替わりスープの炊き込み時間は、平均6、6時間なのですが、このスープは10時間も炊きました!。下処理にも時間をかけたので、臭みは全くありません。
あと10分位で終了というところで、スープの状態が明らかに変わり、急にトロッとなりました。
「らーめん」の麺は火曜、金曜の豚系スープの日に使っている細麺です。




こだわり味噌の店、『風見鶏』さん。

本日5月30日(日曜)は、”一日限定スープ”の「超濃厚とんこつスープ」での営業になります。
通常の日曜スープ「豚と鶏の マイルドスープ」はお休みで、火曜スープの「豚の こってりスープ」の超濃厚バージョンです。
豚頭骨、拳骨、背ガラ、豚足、豚皮・・・普段は、日替わりスープによって使い分けてる豚のガラ類を今回は全て使った”超豚づくしスープ”です!!!。更にチャーシューに使っている豚肩ロースも一本丸々投入しました。今回はガラ類の量がハンパじゃないです。
一つのスープを2つの寸胴を使って、どっちも最大火力で炊きました。
うちの店の日替わりスープの炊き込み時間は、平均6、6時間なのですが、このスープは10時間も炊きました!。下処理にも時間をかけたので、臭みは全くありません。
あと10分位で終了というところで、スープの状態が明らかに変わり、急にトロッとなりました。
「らーめん」の麺は火曜、金曜の豚系スープの日に使っている細麺です。




雨の日は、”限定メニュー”をやっています。

本日5月30日(日曜)は、”一日限定スープ”の「超濃厚とんこつスープ」での営業になります。
通常の日曜スープ「豚と鶏の マイルドスープ」はお休みで、火曜スープの「豚の こってりスープ」の超濃厚バージョンです。
豚頭骨、拳骨、背ガラ、豚足、豚皮・・・普段は、日替わりスープによって使い分けてる豚のガラ類を今回は全て使った”超豚づくしスープ”です!!!。更にチャーシューに使っている豚肩ロースも一本丸々投入しました。今回はガラ類の量がハンパじゃないです。
一つのスープを2つの寸胴を使って、どっちも最大火力で炊きました。
うちの店の日替わりスープの炊き込み時間は、平均6、6時間なのですが、このスープは10時間も炊きました!。下処理にも時間をかけたので、臭みは全くありません。
あと10分位で終了というところで、スープの状態が明らかに変わり、急にトロッとなりました。
「らーめん」の麺は火曜、金曜の豚系スープの日に使っている細麺です。




5月30日は、”一日限定”「超濃厚とんこつスープ」です。

本日5月30日(日曜)は、”一日限定スープ”の「超濃厚とんこつスープ」での営業になります。
通常の日曜スープ「豚と鶏の マイルドスープ」はお休みで、火曜スープの「豚の こってりスープ」の超濃厚バージョンです。
豚頭骨、拳骨、背ガラ、豚足、豚皮・・・普段は、日替わりスープによって使い分けてる豚のガラ類を今回は全て使った”超豚づくしスープ”です!!!。更にチャーシューに使っている豚肩ロースも一本丸々投入しました。今回はガラ類の量がハンパじゃないです。
一つのスープを2つの寸胴を使って、どっちも最大火力で炊きました。
うちの店の日替わりスープの炊き込み時間は、平均6、6時間なのですが、このスープは10時間も炊きました!。下処理にも時間をかけたので、臭みは全くありません。
あと10分位で終了というところで、スープの状態が明らかに変わり、急にトロッとなりました。
「らーめん」の麺は火曜、金曜の豚系スープの日に使っている細麺です。




「TOKYO 1週間」に、掲載されました。

今日発売の、雑誌「TOKYO 1週間」の”石神(さん)&大崎(さん)が唸った!。魂のつけ麺100!!!”というラーメン特集で、うちの店も紹介されています。
うちの店は、”超ドロ醤油系(14軒)”の石神さんオススメ店として紹介してもらっています。



『新源地』スタンプ・ラリー、始まりました。

去年の「石神秀幸 極うまラーメン2009−2010」 (双葉社)でも、うちの店を掲載してもらいましたが、今年の「石神秀幸 極うまラーメン2010−2011」にも、うちの店を掲載してくれています♪。



「極うまラーメン」に、掲載されました。

去年の「石神秀幸 極うまラーメン2009−2010」 (双葉社)でも、うちの店を掲載してもらいましたが、今年の「石神秀幸 極うまラーメン2010−2011」にも、うちの店を掲載してくれています♪。



4月29日(木)は、一日限定「豚と鶏の 超どろりスープ」です。

明日は、一日限定「豚と鶏の 超どろりスープ」での営業になります。
「魚介豚骨の 超どろりスープ」という名前の予定でしたが、作り方が木曜スープの「魚介豚骨の 濃厚スープ」と同じなので、本来の木曜スープと似た味になってしまったら面白くないので、急遽魚介は抑える事にしました。入れるつもりだった魚粉も使いません。木曜スープは濃厚だから魚介出汁の割合を増やしてキレを出していますが、今回のスープはキレとか食べやすさとか、もう排除です(笑)。
うちのスープは基本は濃いめに取った魚介出汁が60cc入り、濃厚な木曜スープと鶏の味が濃い土曜スープには多めの80cc入り、豚の味を強調したい火曜スープには少なめの30cc入る、といった具合にスープによって魚介出汁の配合を変えているのですが、今回のスープは火曜スープと同じで動物系スープを強調する為に魚介出汁は少なめの30ccにします(※因みに、今日までの「極太煮干そば」に使っている魚介出汁は250cc、次回作は魚介出汁が330cc入ります!)。
「超どろりスープ」の内容ですが、配合は金曜の「豚の とろみスープ」がベースです。それを、今日の水曜の「丸鶏の あっさりスープ」で使った鶏のガラ類を並行して炊き続けて一時間ごとにメインのスープに補充して行く木曜スープの作り方で作ります。濃厚スープ+とろみスープです。しかしそれだけだと、どちらかのスープに似そうなので、金曜スープがベースのメインのスープに、本来入らない豚頭骨と、豚のゲンコツを追加して、水曜スープで使った鶏ガラ類の補充スープに、丸鶏とモミジ(鶏の足)の新しい物を追加しました!。
明日仕上げに入れる厚削りは、木曜の宗田節でも金曜の鰹節でもなく、水曜に使っているムロアジの削り節を使います。水曜スープはあっさりスープだから、ムロアジの削りは少量しか使っていませんが、明日は木曜や金曜に使っている削り節の量よりも更に多い量加わるつもりです。
麺は木曜と日曜の「らーめん」と「味噌らーめん」と「油そば」の太麺です。
スープがどろっとする予定なので、「つけめん」と「油そば」はお休みです。



「油そば」と「鬼油そば」の、油が変わります。

「油そば」と激辛の「鬼油そば」には、「つけめん」に使っているラードとアンチョビと煮干を使った香味油を使っていましたが、今日から特別な油に変えます。
油の味は変わるけど、「油そば」も「鬼油そば」も、仕上がりの味は今までとそんなには変わらないので、今までの味を気に入ってくれていたお客様にも満足してもらえると思います。
今回の油に変えて、「油そば」はタレの甘味がダイレクトに出るので、今まで入れていた三温糖は一切抜きます。逆に「鬼油そば」の方は辛さがダイレクトに出るので、ほんの少し三温糖を加えます。
油を変えた事によって、砂糖を入れていた「油そば」の砂糖が不要になり、砂糖を入れていなかった「鬼油そば」に砂糖が必要になりました。
油の香りや、唇に付く油の感じなどが増し、より”油そば”らしくなってると思います。
香味油ではなく単体の油ですが高価な特別な油なので、今までとの味の変化というよりも、味のグレードアップが目的です。今までの「油そば」や「鬼油そば」を食べてくれた事があるお客様は、是非以前の味と比較してみて下さい。



4月29日(祝)は、「超どろりスープ」!!。

4月29日(木曜日)は祝日なので、久しぶりに”一日限定スープ”で営業します。
木曜の「魚介豚骨の 濃厚スープ」と金曜の「豚の とろみスープ」をミックスした作り方をする「魚介豚骨の 超どろりスープ」です。
今までで一番どろっとしたスープを目指します。



「噂のつけ麺 2010」に掲載されました。

一年前に「噂のつけ麺 2009」にうちの店を掲載してもらったのですが、今月発売された「噂のつけ麺 2010」(800円)にも、うちの店がまた掲載されています♪。



”裏メニュー”。

「多摩組」の「ワンコインつけめん」の企画で、うちのお店も、現在「味噌つけめん」(普通盛りのみ、スープ割りは無し)を500円で一日5食限定で販売中です。
明後日までのキャンペーンです。
券売機の「味噌らーめん」のボタンの下に設定した「味噌つけめん(普)」(500円)のボタンで食券を購入して下さい。一応「多摩組」のメルマガ登録が「ワンコインつけめん」の条件なので、登録済みの携帯画面を提示するか、券売機の左に貼っておくメルマガの案内でその場で登録して下さい。



新トッピング、「おネギ」。

「多摩組」の「ワンコインつけめん」の企画で、うちのお店も、現在「味噌つけめん」(普通盛りのみ、スープ割りは無し)を500円で一日5食限定で販売中です。
明後日までのキャンペーンです。
券売機の「味噌らーめん」のボタンの下に設定した「味噌つけめん(普)」(500円)のボタンで食券を購入して下さい。一応「多摩組」のメルマガ登録が「ワンコインつけめん」の条件なので、登録済みの携帯画面を提示するか、券売機の左に貼っておくメルマガの案内でその場で登録して下さい。



「味噌らーめん」も、定番メニュー化しました。

「多摩組」の「ワンコインつけめん」の企画で、うちのお店も、現在「味噌つけめん」(普通盛りのみ、スープ割りは無し)を500円で一日5食限定で販売中です。
明後日までのキャンペーンです。
券売機の「味噌らーめん」のボタンの下に設定した「味噌つけめん(普)」(500円)のボタンで食券を購入して下さい。一応「多摩組」のメルマガ登録が「ワンコインつけめん」の条件なので、登録済みの携帯画面を提示するか、券売機の左に貼っておくメルマガの案内でその場で登録して下さい。



ワンコイン「油そば」!。

「多摩組」の「ワンコインつけめん」の企画で、うちのお店も、現在「味噌つけめん」(普通盛りのみ、スープ割りは無し)を500円で一日5食限定で販売中です。
明後日までのキャンペーンです。
券売機の「味噌らーめん」のボタンの下に設定した「味噌つけめん(普)」(500円)のボタンで食券を購入して下さい。一応「多摩組」のメルマガ登録が「ワンコインつけめん」の条件なので、登録済みの携帯画面を提示するか、券売機の左に貼っておくメルマガの案内でその場で登録して下さい。



「味噌つけめん(普)」、明後日まで500円です!。

「多摩組」の「ワンコインつけめん」の企画で、うちのお店も、現在「味噌つけめん」(普通盛りのみ、スープ割りは無し)を500円で一日5食限定で販売中です。
明後日までのキャンペーンです。
券売機の「味噌らーめん」のボタンの下に設定した「味噌つけめん(普)」(500円)のボタンで食券を購入して下さい。一応「多摩組」のメルマガ登録が「ワンコインつけめん」の条件なので、登録済みの携帯画面を提示するか、券売機の左に貼っておくメルマガの案内でその場で登録して下さい。



煮干も、1、5倍!。

昼の部だけの営業にしてから、動物系スープのガラ類を全て1、5倍に増やしました。それに併せて、魚介出汁の煮干しの漬け込み時間も長めにとる様に変えましたが、漬け込み時間だけだとそんなに変化が出ないので、最近は思い切って、煮干しと昆布の量も今までの1、5倍に増やしました。
以前限定メニューとして提供していた「超煮干そば」用の濃い煮干出汁とほぼ変わらない濃さになりました。



北海道と信州

うちの店の味噌ダレに使っている2種類の味噌は、赤味噌が北海道の物で、白味噌は信州の物を使っています。
特に高い味噌ではありません。特別な味噌ではなく普通の味噌を使い、そこに秘密の中華調味料を2種類混ぜています。



赤と白

うちの「味噌らーめん」に使っている味噌は、赤味噌と白味噌の2種類です。
白味噌は辛口、赤味噌は普通?のを使って、白味噌の割合を多くしています。
何種類もの味噌を使って複雑な味にするのではなく、味噌はシンプルにしてスープの味を活かす様にしています。そのかわり、味噌ダレというよりは味噌そのものを加えてる様な調理方法をとっています。



味噌が55g

「味噌らーめん」に使っているオリジナルの「味噌ダレ」は、55g使っています。
卵Mサイズの重さが約60gなので、そこそこの量使用している方だと思います。動物系スープも魚介系スープも強いので、それだけ入れても味噌の味に負けないし、それだけ入れないと味噌が活きません。味噌の味がするけどスープの味は全然分からないラーメンにはなっていないと思います。



鶏の旨味、たっぷり。

うちの店の「油そば」(650円)は、超辛い「鬼油そば」(750円)とは真逆で少し甘い味付けです。
しかし、少し甘味が強いので、最近は甘味を少し弱めています。そして、少しだけ入る辛いラー油が前より辛くなっているので、甘味の中にも辛みを少し効かせいます。



「油そば」の味付け。

うちの店の「油そば」(650円)は、超辛い「鬼油そば」(750円)とは真逆で少し甘い味付けです。
しかし、少し甘味が強いので、最近は甘味を少し弱めています。そして、少しだけ入る辛いラー油が前より辛くなっているので、甘味の中にも辛みを少し効かせいます。



「今すぐ食べたい! すごいラーメン」に、掲載されました。

「今すぐ食べたい! すごいラーメン 2010年版」(辰巳出版・750円)という(株)ラーメンデータバンク監修のラーメンガイド本の中央線・総武線のページに、うちのお店が掲載されました。
巻頭特集で「2009年超大型ルーキー店」が18店舗紹介されています。他のお店は鉄道路線別に紹介されていて、全部で279杯が掲載されています。



11月23日(月・祝)は、「味噌らーめん」と「味噌つけめん」です。

11月23日(月)の祝日は、本来定休日ですが、「味噌らーめん」と「味噌つけめん」のみで営業します。「味噌」は、3回目です。

今回は初めて「鶏の 白湯スープ」を使用します。先週からガラ類を1、5倍に増やしてるので濃度が上がってドロッとしてるので、味噌味にも合うと思います。

「味噌らーめん」の方は日曜と木曜の手もみ風のちぢれた太麺です。
「油そば」と「鬼油そば」はお休みです。
営業時間は、お昼の部だけで、スープが無くなり次第終了です。



ガラ類、1、5倍量に!。

昼の部の営業だけになってから、動物系スープのガラ類を増やしています。金曜日からスープに入れるガラ類を今までの1、5倍に増やしています。
今までのスープと一番ハッキリ違いが出たのは、土曜日の「鶏の 白湯スープ」だと思います。鶏ガラ、丸鶏、モミジ(鶏の足)を8時間煮た後に、骨以外の身は全て取り分けて(この作業がとても時間がかかります)、スープに加えていますので、その身も1、5倍量になった訳ですから、味や濃度に影響が出ない訳がなく、スープは少しドロッとしていました。今までの木曜日の「魚介豚骨の 濃厚スープ」や金曜日の「豚の とろみスープ」くらいドロッとしていました。
ガラの量をもっと増やす可能性もありますが、減らして以前の量に戻す気はありません。
今後は、動物出汁1、5倍アップ・スープを、宜しくお願いします。



醤油ダレを、少し変えました。

夜営業を休止して、動物系スープも魚介出汁も濃くする様にしたので、それにタレが負けない様に、醤油ダレに”たまり醤油”をブレンドする様にしました。
何もかも濃くすれば良いという訳ではないので、バランスも考えてはいますが、今までよりも醤油の味を少し強めにしています。



魚介出汁を更に濃くしました。

夜の部の営業を休止したので、翌日分の魚介出汁を夕方から仕込む事にしました。
煮干しの戻し時間が増して、魚介の出汁も濃くする様にしました。



2周年記念企画

10月28日(水)で、当店はお陰様で2周年を迎えます♪。
10月28日(水)は、お客様への感謝の気持ちを込めて、麺類全品200円引きでご提供させて頂きます。



もうすぐ2周年企画

10月26日(月)は本来定休日ですが、「塩らーめん」(800円)(のみ)で、昼の部だけ営業します。
スープは「鶏の白湯(パイタン)スープ」です。
※限定40食です。



「多摩のラーメン(JRエリア編)」に、掲載されました。

2000年から発売され続けて今回で第5弾の多摩地区のラーメン・ガイド本「多摩のラーメン(JRエリア編)(けやき出版)が10月上旬に発売されたみたいで、うちの店も掲載されました。初めてです♪。
「多摩組」のお店、近所のお店、よく行くお店、好きなお店、気になってるお店・・・沢山出ています。
「多摩のラーメン(私鉄エリア編)」は、11月上旬に発売されるみたいです。



「超煮干そば」の麺が変わりました。

今日は本来は定休日ですが、「味噌らーめん」と「味噌つけめん」のみで昼の部だけ営業します。
2回目です。
「豚の こってりスープ」を使用しています。
両方合わせて限定50食です。
内容は前回と同じですが、「味噌らーめん」の麺だけが、前回の中太ちぢれ麺から、日曜と木曜の手もみ風のちぢれた太麺に変更になります。
あと、今回は「油そば」と「鬼油そば」はお休みです。丼物もお休みです(「ライス」や「味玉」はあります)。



10月12日は「味噌らーめん」と「味噌つけめん」です。

今日は本来は定休日ですが、「味噌らーめん」と「味噌つけめん」のみで昼の部だけ営業します。
2回目です。
「豚の こってりスープ」を使用しています。
両方合わせて限定50食です。
内容は前回と同じですが、「味噌らーめん」の麺だけが、前回の中太ちぢれ麺から、日曜と木曜の手もみ風のちぢれた太麺に変更になります。
あと、今回は「油そば」と「鬼油そば」はお休みです。丼物もお休みです(「ライス」や「味玉」はあります)。



今年も、「石神本」に掲載されました。

今年で12年連続刊行のラーメンガイドブック「石神秀幸ラーメンSELECTION 2010」(通称・石神本♪)(双葉社)が10月8日に発売され、去年に続き今年も当店が掲載されました。
特集は3つで、「地ラーメン探訪」、「超濃度ドロ系ラーメン」、「タンメン新時代到来」です。



「煮干中華そば」は、終了しました。

先月やった「味噌らーめん」では、”中太の中華麺”を使いましたが、その後、日曜と木曜の「らーめん」に使っている”手もみ風のちぢれた太麺”で試食したら、相性ピッタリだったので、次回10月12日(月・祝)の「味噌らーめん」は太麺です。
この麺は、超有名な味噌ラーメンの店でも使われてる麺なので、味噌スープとの相性はうちの味噌スープでもピッタリです♪。



次回の「味噌らーめん」は、太麺です。

先月やった「味噌らーめん」では、”中太の中華麺”を使いましたが、その後、日曜と木曜の「らーめん」に使っている”手もみ風のちぢれた太麺”で試食したら、相性ピッタリだったので、次回10月12日(月・祝)の「味噌らーめん」は太麺です。
この麺は、超有名な味噌ラーメンの店でも使われてる麺なので、味噌スープとの相性はうちの味噌スープでもピッタリです♪。



10月12日(月)も「味噌らーめん」と「味噌つけめん」。

10月12日(月)(祝日)は、本来は定休日ですが、この日もお昼の部だけ、「味噌らーめん」と、「味噌つけめん」で営業します。
今回は11時30分〜限定50食です。
タレを味噌ダレにした「らーめん」と、「つけめん」で、普段の醤油ダレを使ったスープは出来ません。
スープは、「豚の こってりスープ」です。
「らーめん」は大盛り、「つけめん」は中盛りや大盛りも可能です。
味噌味なので、トッピング(有料)の「粉チーズ」も販売します。
オニ辛な”鬼シリーズ”(「鬼味噌らーめん」、「鬼味噌つけめん」も販売します。
今回から、「味噌」の日は、「油そば」と「鬼油そば」は、お休みです。




9月21日は、「味噌らーめん」と「味噌つけめん」です。

9月21日(月)は、本来は定休日ですが、お昼の部だけ(11時30分〜15時)、「味噌らーめん」と、「味噌つけめん」で営業します。
タレを味噌ダレにした「らーめん」と、「つけめん」です。
普段の醤油ダレを使ったスープは出来ません。
スープは、「豚の こってりスープ」です。
「らーめん」は大盛り、「つけめん」は中盛りや大盛りも可能です。
味噌味なので、トッピング(有料)の「粉チーズ」も販売します。
オニ辛な”鬼シリーズ”(「鬼味噌らーめん」、「鬼味噌つけめん」も販売します。
「油そば」と「鬼油そば」は、通常通りのスタイルで提供出来ます。




8月30日は、一日限定・「豚と鶏の ”こってり”スープ」です。

明日・8月30日(日)は、いつもの日曜スープとは違う一日限定スープの、「豚と鶏の ”こってり”スープ」で営業します。
今回は、配合を変えたり、違う食材を入れたり、タレを変えたりするのではなく、メインの動物系スープだけを濃くなる様に作りました。使う削り節や、全体の配合などは一緒です。動物系スープの濃さだけを変えました。

お値段は普段のスープと一緒です。

日曜日は、家族連れやカップルのお客様や新規のお客様が多いので、突然物凄い”こってこて”の濃度に変える訳にはいかないと最初は思っていたのですが、やっぱり違いがハッキリ出る様に作りました。
なので、明日は「トマト味」は、お休みさせてもらいます。

普段の日曜日の「豚と鶏の マイルドスープ」と仕込み方は一緒ですが、普段の日曜スープに使ってるゲンコツ、モミジ(鶏の足)、少量の豚足以外に、他の曜日のスープで使ったゲンコツを足しました。それだけでは、全然濃くはならいので、モミジは普段の日曜スープの1,5倍を発注して使いました。更に、普段の日曜スープでは使ってない豚皮も加えました。煮込み時間は普段の日曜スープよりも2時間長く煮込みました。それだけだと、あまり変わらなかったら困るので、金曜の「豚の とろみスープ」に入れてる秘密食材もかなり加えました。
もっともっと煮込み続けようかと思ったのですが、寸胴の底が当たって(焦げ付いて)来たのでやめました。マイルド系の普段の日曜スープでは絶対寸胴の底が当たる事は無かったので、スープの濃度の違いは、それなりに出てると思います。
全く別物のスープではありませんが、いつもと違う「豚と鶏のスープ」を、宜しくお願いします。



「油そば」の胡椒を変えました。

うちの店の「油そば」には、カウンターの卓上に置いてある白と黒をブレンドした粉末の胡椒と中国山椒の花椒をブレンドしたスパイスを加えていますが、「油そば」に加える胡椒を粗びきの黒胡椒に変えました。
今後は、花椒と粗びきの黒胡椒のスパイスになります。
もし胡椒や花椒が苦手な方は「胡椒抜きで」と、お申し付け下さい。